2014年4月30日水曜日

【新商品】キャトル・セゾンオリジナルの革小物ができました。

ファボリシリーズ
持っている人の日々の暮らしに寄り添うように、長く愛用していただける革小物のシリーズが発売になりました。日本やイタリアの上質な革を使用し、縫製は熟練した職人さんがひとつひとつ丁寧につくっています。

笑顔の素敵な職人さん
技術力のある職人さんを探し、東京の下町にあるご夫婦で経営されている小さな革工房に製作をお願いすることに。民家を改装した工房には、ところ狭しとさまざまな革素材や工具が並んでいます。

長くお使いいただけるよう、素材には上質なヌメ革を使用しています。ヌメ革は毎日使用するたびに艶が増し、長く大切に使用することで使う人の個性が出てきます。


全くのオリジナル商品なので、製作は型起こしの行程から始まります。使いやすいサイズやデザインを考えながら、職人さんと一緒に型おこしを行いました。その後、何度も修正を加えようやく製品に!

商品のイメージラフ
今回お作りしたのは、財布、ポーチ、カードケースとキーホルダー。

デイリーに使用するアイテムには"お気に入り"という意味を込めてファボリと名づけ、ベーシックなカラーで揃えました。






ボンボンレザーキーホルダー
ボンボン(キャンディ)と名前を付けたエッフェル形のキーホルダー。こちらは選ぶのが楽しくなるようフランスのお菓子屋さんをイメージしたカラーバリエーションにしています。

全てにボックスがつきますので大切な贈り物にも最適です。長くみなさまの愛用品になりますように!

quatre saisons idèe : ofuji

*商品情報*
ファボリシリーズ
ボンボンレザーキーホルダー

2014年4月12日土曜日

【カフェ 神戸】4月おすすめメニュー


カフェ・キャトル神戸の4月のランチプレートは、キッシュナポリタン、ひじきのサラダ、人参とプチトマトのポタージュをお出ししています。

『えっ、…キッシュナポリタン?』そう思われた方も多いのではないでしょうか。
そうです!ナポリタンのキッシュです!

このメニューを提案したスタッフのOさんは、子育てをきっかけにお家でケチャップを使ったメニューを作ることが多くなったそう。自宅で料理をしている際に、ケチャップの美味しさや、懐かしい思いをお店で表現したいと、ナポリタンのキッシュをひらめいたとか。

玉ねぎとピーマン、ソーセージ、ブラウンマッシュルームをバターで炒めて、ケチャップで味付け…別でゆでておいたマカロニを合わせたら、空焼きした生地に入れ、チーズをのせアパレイユを流し込んでオーブンへ。仕込みをしているキッチンの中は、子供の頃の土曜日のお昼ごはんを思い出すような、なんだかとても懐かしい香りがたちこめています!

4月だけの限定メニュー。ぜひ、味わいにいらして下さいね。
ランチタイム 11:30~15:00 1,000円(税込)

また、今月は鎌倉にあるロミ・ユニ・コンフィチュールの春のジャムや札幌にある森彦コーヒーのコーヒーと焼き菓子(4/25~)も入荷します。お馴染みのフードとあわせてお楽しみくださいね。

これから新緑のきれいな季節ですね。カフェの暖かい日差しも気持よく感じられます。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。

*店舗情報はこちら
cafe quatre kobe : nijyuu

2014年4月10日木曜日

【京都】BERRETTAの帽子 開催中~23日(水)まで

東京・世田谷にアトリエを構える「ベルレッタ」より、たくさんの作品が京都店に入荷しております。全国にもファンの多いベルレッタの帽子。京都店では初めてのお取り扱いです。

ココ椰子という植物の葉の部分を加工した天然素材で1点1点丁寧に作られた帽子は、思いのほか軽い被り心地。使い込むほどに馴染み、飴色に変化していきます。

私たちスタッフにも愛用者の多く、これからも長く大切に使い続けたいアイテムです。

(写真1)
(写真1)2年前から使っているスタッフの愛用品。もうすっかり頭のかたちに馴染んでいます。スタンダードな「ベルレッタスタイル」

(写真2)
(写真2)ベルレッタの帽子の特徴でもあるリボンは太さもカラーも様々です。少しくぼみのある浅めの帽子。
写真3
(写真3)丸みのある「クラシックスタイル」。浮く感じがなく被りやすい形です。小柄な方にもお勧めです。

かたちもリボンの太さも様々。ご自分のスタイルに合う帽子を見つけに、ぜひご来店ください!(なくなり次第終了となります。1点のみのアイテムもございますのでどうぞお早めに!)


*店舗情報はこちら
quatre saisons kyoto : Wakasugi

2014年4月1日火曜日

【フランスいろいろ】Poisson d’avril(ポワソン・ダブリル) 『4月の魚』

フランスでは、きょう4月1日は、ポワソン・ダブリルといわれています。

ポワソンpoisson は「魚」、ダブリルd’avrilは「4月」のこと。

この日、こどもたちは、魚の絵を描いて、だれかの背中にこっそりはりつけるといったいたずらの許されている日でもあります。

フランスのパティスリーでは、いろとりどりのお魚の形をかたどったパイやケーキなどがショーケースにならんでいる姿が見られます。

キャトル・セゾンのホームページでも、poisson d’avrilということで、トップページにお魚をあしらってみました。

春の訪れをしらせるフランスの風物詩のおはなしでした。

*4/1限定!ポワソン・ダブリルのトップページはこちら*(掲載は終了しました。)
quatre saisons idée : Komazawa